PCのこととかいろいろ一人で語ったりしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64Bit Windows7でTimidity++ を使う(備忘録)

Windows 7 64Bitにしたら通常のインストールだとTimidity++Driverは動かない(Timidity++本体は動く)が、
レジストリを書き換えることによってTimidity++ Driverを動かすことができるようだ。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Drivers32

midi1~9のどれか1つをwdmaud.drvからtimiditydrv.dllに書き換えて
Putzlowitschs Vista MIDI-Mapperを実行。
するとTimidity++ Driverが表示されている。 これで64Bit環境でTimidity++ Driverが使えるようになった。

この記事はあくまでもメモなので個人的にわかりやすく書いてあります
スポンサーサイト
コメント
素晴らしいです
TiMidity++は標準では64bitのドライバが無いため32bitのOSでしか使用できないと
思っていたのですがこの様な方法があったとは驚きです。

上記の通りにレジストリを書き換え、Putzlowitschs Vista MIDI-Mapperを起動
したところ見事にTiMidity++のドライバが表示され使用できるようになりました。

今まではtimw32g.exeを使用するか、twsyng.exeとMidiYork
2014/12/16(火) 07:49 | URL | YUICHI #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Keita

Author:Keita
趣味は自作PCや東方Project、音ゲー、DTMなどで、最近は東方アレンジを作っています。 まだ修行不足のせいか出来があまりよろしくないけど聞いてもらえると嬉しいです。

TwitterのIDはKeita417です。





Category
My Computer
メインPC
OS:Windows 10 Pro 64Bit
CPU:
Core i7 3770K 3.50GHz → 4.30GHz
RAM:16GB (4GBx4)
SSD:
Samsung SSD 840 Pro 512GB
Crucial CT256M4SSD2 256GB
HDD:3.0TB+2.0TB+1.0TB
GPU:
NVIDIA GeForce GTX660 Ti
SOUND:
Creative Sound Blaster Z

サブPC1
OS:Windows 7
Home Premium 64Bit CPU:Core i7 3517U 1.90GHz
RAM:6GB (2GB+4GB)
HDD:500GB
GPU:
HD Graphics 4000
SOUND:Intel HD Audio

サブPC2
OS:
Windows 10 Pro 64Bit
CPU:Core i3 3110M 2.40GHz
RAM:4GB (2GBx2)
HDD:500GB
GPU:
HD Graphics 4000
SOUND:Intel HD Audio

サーバーPC
OS:
Windows 7 Ultimate 64Bit
Windows XP Professional 32Bit
CPU:A8-3870 3.00GHz
RAM:8GB (4GBx2)
HDD:1TB+80GB
GPU:
AMD Radeon HD 6550D
SOUND:Intel HD Audio

Recent Update
Comment
Past Log
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。